関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

北海道、両親連れての序盤戦での2泊目。
温泉地としては、札幌周辺で考えてました。
札幌市街地のホテルも検索はしてみたいんですけど、どこも高い・・・
ならば、いちおここの温泉地も札幌市内ですからね(市街地からかなり離れてるけど)。
「定山渓温泉」です。
その数多くある温泉ホテルからチョイスしたのがここ、
「Spa&Esthetique 翠蝶館」でした。

男性のみの宿泊はお断り!お洒落でゆったりくつろげるホテル♪定山渓温泉「Spa&Esthetique 翠蝶館」(北海道札幌)

シンプルなデザインのこの外観は非常に高級感があります。

中に入ってすぐ。
男性のみの宿泊はお断り!お洒落でゆったりくつろげるホテル♪定山渓温泉「Spa&Esthetique 翠蝶館」(北海道札幌)

スパ&リラクゼーションが売りのこの宿では、
男性のみで、ここの宿は宿泊することができません。
女性グループ客、もしくは、男女ご夫婦・カップルなど、
女性が宿泊者に加わってなければダメです。

今回宿泊する部屋。
男性のみの宿泊はお断り!お洒落でゆったりくつろげるホテル♪定山渓温泉「Spa&Esthetique 翠蝶館」(北海道札幌)

ツインに、1つソファをベットにした3名での宿泊です。
ここで、楽天トラベル予約、素泊まり設定で、1名5500円(税別)でした。

しかし、女性に受けるように、よく考えられております。
男性のみの宿泊はお断り!お洒落でゆったりくつろげるホテル♪定山渓温泉「Spa&Esthetique 翠蝶館」(北海道札幌)

部屋で使う、アロマキャンドルが4種類から1つセレクトできます。

母親は、レモンラベンダーをチョイスしておりました。
男性のみの宿泊はお断り!お洒落でゆったりくつろげるホテル♪定山渓温泉「Spa&Esthetique 翠蝶館」(北海道札幌)

寝る前にこの香りって癒やされる空間ですね。
普段、こんなことしたことないから、物珍しい。

またアメニティも1人1つ、選択できます。
男性のみの宿泊はお断り!お洒落でゆったりくつろげるホテル♪定山渓温泉「Spa&Esthetique 翠蝶館」(北海道札幌)

ロキシタンの香り好きなんで、こちらを選択。
あ、けど、大浴場にもちゃんと、ボディーソープ、シャンプーありますよ。

では、大浴場に行きましょう。
男性のみの宿泊はお断り!お洒落でゆったりくつろげるホテル♪定山渓温泉「Spa&Esthetique 翠蝶館」(北海道札幌)

内湯です。

そして、露天。
男性のみの宿泊はお断り!お洒落でゆったりくつろげるホテル♪定山渓温泉「Spa&Esthetique 翠蝶館」(北海道札幌)

総部屋数20の宿なんで、さほど大浴場の規模は大きくないです。

お湯は無色透明で、特徴はありません。
男性のみの宿泊はお断り!お洒落でゆったりくつろげるホテル♪定山渓温泉「Spa&Esthetique 翠蝶館」(北海道札幌)

熱めのさっぱりとしたお湯です。

では泉質表で分析してみましょう。
男性のみの宿泊はお断り!お洒落でゆったりくつろげるホテル♪定山渓温泉「Spa&Esthetique 翠蝶館」(北海道札幌)

もう1枚。
男性のみの宿泊はお断り!お洒落でゆったりくつろげるホテル♪定山渓温泉「Spa&Esthetique 翠蝶館」(北海道札幌)

さらに。
男性のみの宿泊はお断り!お洒落でゆったりくつろげるホテル♪定山渓温泉「Spa&Esthetique 翠蝶館」(北海道札幌)

源泉温度66.4度、PH値6.7のナトリウム-塩化物泉(低張性中性高温泉)。
成分総計は2947mg/kgで、ナトリウム、塩素イオンの多い、
いわば塩っ気の強いタイプの泉質です。
その泉質の温泉を加水して浴槽に投入し、その後は循環ろ過しております。
そして塩素消毒もあります。
なので、温泉の浴感としては乏しいかな。

ただ、この泉質の効能もちゃんと書かれておりますね。
男性のみの宿泊はお断り!お洒落でゆったりくつろげるホテル♪定山渓温泉「Spa&Esthetique 翠蝶館」(北海道札幌)

こういう細かい点が、女性に受けるとこやと思います。

そして湯上がりには・・・
男性のみの宿泊はお断り!お洒落でゆったりくつろげるホテル♪定山渓温泉「Spa&Esthetique 翠蝶館」(北海道札幌)

無料のマッサージチェアも設置されております。

そして、そのすぐ傍に・・・
男性のみの宿泊はお断り!お洒落でゆったりくつろげるホテル♪定山渓温泉「Spa&Esthetique 翠蝶館」(北海道札幌)

無料でいただけるドリンク系。

さらに。
男性のみの宿泊はお断り!お洒落でゆったりくつろげるホテル♪定山渓温泉「Spa&Esthetique 翠蝶館」(北海道札幌)

1種類だけですけど、パウンドケーキもありました。

そして、ここのスペースもすごい。
男性のみの宿泊はお断り!お洒落でゆったりくつろげるホテル♪定山渓温泉「Spa&Esthetique 翠蝶館」(北海道札幌)

エステルームの手前に、
ここも無料でくつろげるゴロゴロルームって部屋があるんですよ。

私は両親と一緒の部屋でずっとおるの嫌ですから・・・
男性のみの宿泊はお断り!お洒落でゆったりくつろげるホテル♪定山渓温泉「Spa&Esthetique 翠蝶館」(北海道札幌)

もっぱらここで、この日購入した雑誌を見て、
その後の北海道を廻るスケジュールの練り直しを考えてました。

これで素泊まり5000円台でええの?って思うくらいの宿。
このお値段で、この高級感は信じられないです。
宿自体もこじんまりとさせて、ゆっくり落ち着いて滞在するには、
過去、様々な宿に泊まって来たけど、ナンバー1の居心地ですね。
いや~素晴らしかった!

あと、温泉は近くにある姉妹館の浴場も利用できます。
夕方にそっちにも行っておりますから、次回、記事にいたしますね。

住所:北海道札幌市南区定山渓温泉西3-57
電話:011-595-3330
チェックイン:15:00 (最終チェックイン:20:00)
チェックアウト:11:00
総部屋数:20室


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

関東をぐるりと一周してきて、
ここの温泉地はこの旅で外すことはできなかったですね。
その名は「箱根温泉」。
首都圏から行く温泉地としては、一番お手軽で泉質がええ場所やと言えるでしょう。
過去の旅でも一度宿泊しておりますが、その泉質は満足いくものでした。
仙石原温泉「リ・カーブ箱根」の記事はこちら!

しかし、箱根で宿泊できるとこ検索しても、どこもめっちゃ高いんよね・・・
そんな中、1泊朝食付きで、なんと!3000円の宿を見つけた♪
「箱根小涌園B&Bパンシオン箱根」で、本日は宿泊いたします。

わずか3000円で1泊朝食つきの箱根の宿!「箱根小涌園B&Bパンシオン箱根」(神奈川箱根)施設温泉編

箱根には有名なスパリゾート「箱根小涌園ユネッサン」って施設があります。
そこと経営母体が一緒のホテルです。

なので、特別優待券もチェックイン時に渡されました。
わずか3000円で1泊朝食つきの箱根の宿!「箱根小涌園B&Bパンシオン箱根」(神奈川箱根)施設温泉編

半額にはなるんですけど、なんせ元が高い・・・
4000円もしますからね、半額でも2000円。
そして、いろんなお風呂はあって1日楽しめそうやけど、
泉質的にはイマイチやってのも分かってるしね。
利用はいたしません。

今回宿泊する部屋。
わずか3000円で1泊朝食つきの箱根の宿!「箱根小涌園B&Bパンシオン箱根」(神奈川箱根)施設温泉編

なんせ、この3000円という価格ですから、チープさは否めない。
都会のビジネスホテルよりも1ランクは劣ります。
それに、トイレもシャワーも部屋についてないしね。

窓からの景色。
わずか3000円で1泊朝食つきの箱根の宿!「箱根小涌園B&Bパンシオン箱根」(神奈川箱根)施設温泉編

箱根の山ん中ですから、もちろん周りを山で囲まれてます。

そして、その宿泊料安さの理由のもう1つ。
わずか3000円で1泊朝食つきの箱根の宿!「箱根小涌園B&Bパンシオン箱根」(神奈川箱根)施設温泉編

浴衣、タオル、アメニティの類いは一切置いておりません。
私も気づかずに、わざわざ車に部屋着と洗面道具を取りに戻りましたもん。

中庭。
わずか3000円で1泊朝食つきの箱根の宿!「箱根小涌園B&Bパンシオン箱根」(神奈川箱根)施設温泉編

炊事場。
わずか3000円で1泊朝食つきの箱根の宿!「箱根小涌園B&Bパンシオン箱根」(神奈川箱根)施設温泉編

コインランドリー。
わずか3000円で1泊朝食つきの箱根の宿!「箱根小涌園B&Bパンシオン箱根」(神奈川箱根)施設温泉編

ホテルとは、私はここは思いませんでしたね、合宿所。
そう、そう言った方が、ぴったり当てはまる施設です。
大学のセミナーハウスなんて、こんな雰囲気やったわ。

ただ、なんと言っても、ここは箱根!その泉質に期待!です。

お風呂は、この内湯のみ。
わずか3000円で1泊朝食つきの箱根の宿!「箱根小涌園B&Bパンシオン箱根」(神奈川箱根)施設温泉編

洗面台も含めての図。
わずか3000円で1泊朝食つきの箱根の宿!「箱根小涌園B&Bパンシオン箱根」(神奈川箱根)施設温泉編

こうして浴場を見ても、合宿所感は抜けてきません。

お湯は完全無色透明。
わずか3000円で1泊朝食つきの箱根の宿!「箱根小涌園B&Bパンシオン箱根」(神奈川箱根)施設温泉編

そして塩素の匂いがたんまり充満してました。
浸かってみても、箱根の力強い泉質にはほど遠いです。

泉質表で分析いたします。
わずか3000円で1泊朝食つきの箱根の宿!「箱根小涌園B&Bパンシオン箱根」(神奈川箱根)施設温泉編

源泉温度62.2度、PH値8.1のナトリウム-塩化物泉。
弱アルカリ性の泉質で、成分濃度も2140mg/kgとなかなか。
やっぱ箱根の力強さを物語る泉質です。
塩っ気の強さはあるけど、この成分を加水のみでかけ流したら、
こんなお湯になるはずない。

なので、こうでした。
わずか3000円で1泊朝食つきの箱根の宿!「箱根小涌園B&Bパンシオン箱根」(神奈川箱根)施設温泉編

加水はこの源泉温度やから仕方ないとしても、なんで加温するん???
ということは循環してるうちに冷めるんでしょう。
ここまで加工されては、箱根の泉質がこれっぽっちもなくなってます。

とまあ、いくら安くても、わざわざ箱根で宿泊するホテルではないです。
これなら小田原あたりのビジネスホテルに泊まって、
泉質のええ箱根の日帰り温泉に行く方が満足いくのではって結果。

けど、この3000円のお値段には朝食がついておりますので、そこを含めてどうかです。
以下の別ブログで記事にしますね。
朝食パン食べ放題編はこちら!

住所:神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1297
電話:046-087-7800
チェックイン15:00 (最終チェックイン:22:00)
チェックアウト10:00
駐車場:100台(無料)


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

万座温泉を後に、この日の群馬県2湯目。
全国的に、群馬はあまり魅力度ランキングは高い県ではないですけど、
私的には泉質のええ温泉も非常に多く、魅力度は高いですね(^^)
次に向かったのは軽井沢。
豪勢な別荘が建ち並ぶ地とのイメージもあり、貧乏人の私には縁がないなと、
今までの旅行でも、立ち寄ったことがない地です。
そんな中、「ホテルグリーンプラザ軽井沢」へ日帰り入浴しにやって来ました。

軽井沢らしいゴージャス系の日帰り入浴!ホテルグリーンプラザ軽井沢(群馬奥軽井沢温泉「あさまの湯」)

さすがに規模がでかい。

こういうホテルを見ると、あ~軽井沢にやって来たんやなと実感できますね。
軽井沢らしいゴージャス系の日帰り入浴!ホテルグリーンプラザ軽井沢(群馬奥軽井沢温泉「あさまの湯」)

なぜ、ここの施設を選んだのかは、温泉博士の無料入浴手形が利用できたんですよ。
但し、こちらのホテルの日帰り入浴は1230円と1000円超えています。
温泉博士用に券売機にもボタンがあり、230円のボタンを押し、いざ中へ。

内湯は混んでましたので、写真ありません。
軽井沢らしいゴージャス系の日帰り入浴!ホテルグリーンプラザ軽井沢(群馬奥軽井沢温泉「あさまの湯」)

外にある露天の檜風呂。

そして、岩風呂ですね。
軽井沢らしいゴージャス系の日帰り入浴!ホテルグリーンプラザ軽井沢(群馬奥軽井沢温泉「あさまの湯」)

全体的に浴場は広く、スーパー銭湯並の開放感があります。
お湯の色は少し薄黄緑色に色づいた透明なお湯、浸かってみた浴感はさらりとしていて、
温泉感は乏しいですね。

ではいつものように、泉質表で分析してみましょう。
軽井沢らしいゴージャス系の日帰り入浴!ホテルグリーンプラザ軽井沢(群馬奥軽井沢温泉「あさまの湯」)

もう1枚。
軽井沢らしいゴージャス系の日帰り入浴!ホテルグリーンプラザ軽井沢(群馬奥軽井沢温泉「あさまの湯」)

・・・って言いつつ、詳しい成分表がどこを探してもなかった・・・
源泉温度72.9度のナトリウム-硫酸塩・塩化物・炭酸水素塩温泉
(中性低張性高温泉)って情報だけしか分かりません。
源泉温度が高いために、加水のみの源泉かけ流しを謳っておりますけど、
そこまでの力強さを感じなかったのは、この広々とした浴槽だけに、
劣化があるんでしょうか。

露天岩風呂の前面には、洞窟風呂もあります。
軽井沢らしいゴージャス系の日帰り入浴!ホテルグリーンプラザ軽井沢(群馬奥軽井沢温泉「あさまの湯」)

あと、内湯にサウナもありましたが、中にテレビはなしでした。

もし、通常値段の1230円で入浴してたら、酷評してたかも(^^;)
どう考えても高いと思います、800円くらいが妥当。
泉質的にも自身の好みとは合致しなかったので、
また次回温泉博士が使えたとしても立ち寄りはないかな~
やっぱ貧乏人には、軽井沢は似合わない地です。

住所:群馬県吾妻郡嬬恋村大前細原2277
電話:0279-86-4111
日帰り入浴時間:12:00~23:00
定休日:無休(メンテナンスのため臨時休業あり)
日帰り入浴料:大人1230円 子供620円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★